出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 手先が器用でないこと。また、そのさま。ぶきっちょ。「―な手つき」

  1. 物事の処理のへたなこと。また、そのさま。「―でお世辞一つ言えない」

  1. 道理にはずれていること。卑劣なこと。また、そのさま。

    1. 「女の道をそむいた―な魂ここにある」〈浄・国性爺後日〉