出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 武家時代の職名。それぞれの職掌により政務を担当し執行するもの。鎌倉幕府が幕府の職制として各種の奉行を置いたのに始まり、戦国大名も各種の奉行を設け、豊臣氏は五奉行を設置。江戸幕府では寺社・町・勘定の三奉行をはじめ、中央・遠国に数十の奉行を設置した。

  1. 主君などの命令を奉じて物事を執り行うこと。また、その人。

    1. 「庭の儀を―する人」〈徒然・一七七〉

  1. 仏語。仏の教えを奉じ、それを行うこと。