ふくおうひゃくわ〔フクヲウヒヤクワ〕【福翁百話】 の意味

  1. 福沢諭吉の随筆。明治30年(1897)刊。人生論・経済論・政治論・処世訓・宗教論など多方面の問題を社会改良の立場から説いたもの。