ふく‐じゅうせん【複縦線】 の意味

  1. 楽譜で、楽曲の段落や曲の終止を示すための2本の垂直線。終止を示す場合は右側の線を太くする。→単縦線