ふくちやま【福知山】 の意味

  1. 京都府北西部の市。明智光秀が築城し、江戸時代は朽木 (くつき) 氏の城下町。鉄道・道路交通の要地。平成18年(2006)1月、三和町・夜久野 (やくの) 町・大江町を編入。人口8.0万(2010)。

ふくちやま【福知山】の慣用句

  1. ふくちやまこうりつだいがく【福知山公立大学】
    • 京都府福知山市にある公立大学。平成12年(2000)に京都創成大学として開学。平成22年(2010)に成美大学に改称。平成28年(2016)公立大学法人となり、現校名に改称。
  1. ふくちやまし【福知山市】
  1. ふくちやません【福知山線】
    • 兵庫県の尼崎から京都府の福知山に至るJR線。列車は大阪から発着する。明治26~32年(1893~1899)開業。全長106.5キロ。
  1. ふくちやまぼんち【福知山盆地】
    • 京都府北西部、丹波高地北端に広がる断層盆地。由良(ゆら)の中流部にあり、東の綾部市と西の福知山市の間約15キロメートル、幅約4キロメートルの沖積平野をその周辺の広い洪積台地がとりまく。低地は主に水田、河岸段丘は桑園として利用されている。綾部・福知山市では製糸工業が発達。