出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 商店の売り出しや宴会の余興などで、くじを引かせ、当たった人に景品を出すこと。

  1. 多くの綱に種々の景品をつけ、引き手にそれを隠しておいて引かせる、正月の遊び。 新年》「―の一番当りひき当てたり/鬼城

  1. 昔、正月に二人で一つの餅 (もち) を引っ張り合い、取り分の多少でその年の吉凶を占ったこと。

出典:青空文庫