出典:デジタル大辞泉(小学館)

腹膜の炎症。化膿菌 (かのうきん) 腫瘍 (しゅよう) などによって起こり、急性では虫垂炎などから二次的に起こることも多く、激しい腹痛や嘔吐 (おうと) ・下痢 (げり) などを伴う。