出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. かんだり、飲みこんだりせず、物を口の中に入れたままの状態を保つ。また、口でくわえる。「水を口に―・む」「マウスピースを―・む」

  1. 成分・内容としてうちに包みもつ。また、ある範囲の中に要素として入っている。包含する。「この温泉は硫黄分を―・んでいる」「予備費の―・まれた予算案」

  1. 思いや感情などを心の中におさめてもつ。「非難を―・んだ言い方」

  1. 事情をよく理解して心にとめておく。「その点を―・んでおいてください」

  1. ある感情を表情や態度に表す。ようすを帯びる。「悲しみを―・んだ目つき」

  1. 中に包み持つような形になる。ふくらむ。

    1. 「指貫 (さしぬき) の裾つかた、少し―・みて」〈・若菜上〉

[可能]ふくめる
[動マ下二]ふくめる」の文語形。