出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ上二]《「ほころぶ」の音変化》
  1. 縫い目・とじ目などが解ける。

    1. 「どこもかしこも―・びて、裾廻りがばらばら」〈浄・浪花鑑

  1. こらえきれずに、涙が流れる。

    1. 「こらへるだけと包めども、むせび―・び泣きゐたり」〈浄・反魂香