出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 廊下と廊下の間に橋のように渡す歩み板。

  1. 牛車 (ぎっしゃ) に乗り降りするときに、簀 (す) の子の板敷きから車に渡す板。

  1. 鷹匠 (たかじょう) が鷹の糞 (ふん) を受けるのに用いる板。

  1. 地面に座るときに敷く方形の厚板。また、陣中で敷き皮の代わりに用いる、脚付きの板。

    1. 「小庭に―をしきて火をおこす」〈続古事談・一〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉