出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 事物の検索・指示のためにつけておく、簡単な文字や図形。しるし。

  1. ある情報を伝達するために体系的に使われる記号。文字以外のものについていう。長音符号・モールス符号など。

    1. 記号[用法]

  1. 数学で、数の正と負を表す記号。「+」と「-」の記号。

出典:青空文庫