出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. あいていた箇所が詰まる。すき間や穴がなくなる。「家が建って空き地が―・る」

  1. 物が詰まって通じなくなる。また、物がじゃまをして通れなくなる。「下水管がごみで―・る」「道が落石で―・る」

  1. 開いていたものが閉じた状態になる。「袋の口がやっと―・る」「あいた口が―・らない」

  1. 他のものに占められていて、使うことができない。いっぱいであきがない。「手が―・っている」「部屋は全部―・っている」

  1. 心が、ある感情でいっぱいに占められる。「悲しみで胸が―・る」

  1. ふさがり2の方角に当たる。「南が―・っている」