出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]予定外の時であること。思いがけない時であること。また、そのさま。「不時の災厄に備える」
  • 「新鮮な風が―に吹き込んで来たような」〈寅彦・蓄音機〉