出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 赤い色。また、朱色緋色など赤系統の色。あか。

  1. 古代・中世の染め色の名。茜 (あかね) 櫨 (はじ) とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色 (きんじき) の一。赤白橡 (あかしろつるばみ) 

  1. 襲 (かさね) の色目の名。諸説があり、表が赤、裏が二藍 (ふたあい) 、また、表が蘇芳 (すおう) 、裏が縹 (はなだ) 

  1. 織り色の名。縦糸が紫、横糸が蘇芳のもの。縦糸・横糸ともに赤とも。

  1. 赤色の袍 (ほう) 」の略。