• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぶ‐じ【×蕪辞】 の意味

  1. 乱雑で整っていない言葉。自分の言葉や文章をへりくだっていう語。「蕪辞ながら祝辞といたします」
  • 名詞
  • ぶ‐じ【×蕪辞】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ただ量的にあまりに抽象的な、ややもすれば知識の干物の貯蔵所となる恐れのある学界の一隅に、時々は永遠に若い母なる自然の息を通わせることの必要を今さららしく強調するためにこんな蕪辞を連ねたに過ぎないのである。

      寺田寅彦「量的と質的と統計的と」