ふじた‐とうこ〔ふぢた‐〕【藤田東湖】 とは

  1. [1806~1855]江戸末期の儒学者。水戸藩士。幽谷 (ゆうこく) の二男。名は彪 (たけき) 。通称、虎之助。藩主徳川斉昭のもとで藩政改革に尽力。また、その思想は尊王攘夷運動に大きな影響を与えた。安政の大地震で圧死。著「正気歌 (せいきのうた) 」「回天詩史」など。