ふじた‐りゅう〔ふぢたリウ〕【藤田流】 の意味

  1. 能の笛方の流派の一。江戸初期、尾張徳川家に仕えた藤田清兵衛重政を流祖とする。主として名古屋を中心に活動。