出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 打って相手のほうに戻す。打ち戻す。「好球をレフト前に―・す」

  1. 打たれた仕返しに、こちらからも相手を打つ。また、応戦のため発砲したり矢を放ったりする。「打たれたら―・せ」

  1. ひっくり返す。逆にする。「手を何度も―・して暖める」

  1. 古綿を再生する。打ち直す。「布団綿を―・す」

  1. 田畑をすきかえす。耕す。「畑を―・して種をまく」

  1. 波が一度引いてまた岸辺を打つ。「浜辺に―・す波」

  1. 物に当たってはねかえる。

    1. 「初さんの声丈は、坑 (あな) の四方へ反響して、籠った様に―・してくる」〈漱石・坑夫〉

  1. 繰り返す。

    1. 「畳紙を―・し御覧じて」〈狭衣・二〉

  1. ひるがえす。

    1. 「袖どもの―・す羽風に」〈・匂宮〉

  1. 10 ひっくり返る。

    1. 「よさりの亥子 (いね) の刻にはかならず大地―・すべし」〈平家・一二〉

[可能]うちかえせる