• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぶ‐しょう〔‐シヤウ〕【武将】 の意味

  1. 武士の大将。また、武道にすぐれた将軍。「戦国武将」
  • 名詞
  • ぶ‐しょう〔‐シヤウ〕【武将】の例文

    出典:青空文庫

    • 武将だから毘沙門とか、八幡とかへ願えばまだしも宜いものを、愛宕山大権現へ願った。

      幸田露伴「魔法修行者」

    • ・・・も遜譲の徳を貴び、かつは豪奢の風を制するを以て、いやしくもこの道を解すれば、おのれを慎んで人に驕らず永く朋友の交誼を保たしめ、また酒色に耽りて一身を誤り一家を破るの憂いも無く、このゆえに月卿雲客または武将の志高き者は挙ってこの道を学びし形跡・・・

      太宰治「不審庵」

    • ・・・くりくり坊主の桃川如燕が張り扇で元亀天正の武将の勇姿をたたき出している間に、手ぬぐい浴衣に三尺帯の遊び人が肱枕で寝そべって、小さな桶形の容器の中から鮓をつまんでいたりした。

      寺田寅彦「銀座アルプス」