出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本の文化史、特に美術史上の時代区分の一。弘仁貞観時代に次ぎ、遣唐使廃止以後、藤原氏が摂関政治を行った平安時代中期・後期をさす。女流文学・大和絵和様書道・寝殿造りなど国風の優美な文化をつくり出した。