出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安末期の歌人。出家して寂念 (じゃくねん) と号し、兄弟の為経(寂超)・頼業(寂然)とともに大原に隠れ住み、大原三寂と称された。歌は「千載集」などにみえる。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉