出典:デジタル大辞泉(小学館)

[953~995]平安中期の公卿。兼家の長男。父の死後、弟道兼を退けて、摂政関白となった。娘定子一条天皇の皇后。中関白 (なかのかんぱく) 。