出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. つきないこと。絶えることがないこと。

    1. 「万古―の宗教思想が」〈蘆花思出の記

  1. 十分に思いを述べつくさない意で、手紙の終わりに添える語。不悉 (ふしつ) 。不備。

出典:青空文庫