出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ちょっと聞くこと。ふと聞き込んだ話。

    1. 「深き筋思ひ得ぬほどの、―にはをかしかなりと耳もとまるかし」〈・常夏〉

  1. 聞きつけたことを、書きとめること。また、その記録。聞き書き。

    1. 「人と言ひ交したる歌の聞こえて、―などに書き入れらるる」〈・二七六〉