ぶそん【蕪村】 とは

ぶそん【蕪村】の慣用句

  1. ぶそんしちぶしゅう【蕪村七部集】
    • 江戸後期の俳諧集。2冊。菊屋太兵衛ら編。文化5年(1808)成立、翌年刊。蕪村関係の句録「其雪影(そのゆきかげ)」「明烏(あけがらす)」「一夜四歌仙」「花鳥篇」「続一夜四歌仙」「桃李(ももすもも)」「続明烏」の7部に「五車反古(ごしゃほうぐ)」を収めたもの。
  • ぶそん【蕪村】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・という蕪村の句を思い出した。

      芥川竜之介「日光小品」

    • ・・・がない、物知りなどには到底なれないのが、茶人の本来である、されば著書などあるものであったらそれは必ず商買茶人俗茶人の素人おどしと見て差支ない、原来趣味多き人には著述などないが当前であるかも知れぬ、芭蕉蕪村などあれだけの人でも殆ど著述がない、・・・

      伊藤左千夫「茶の湯の手帳」

    • ・・・が、師伝よりは覚猷、蕪村、大雅、巣兆等の豪放洒落な画風を学んで得る処が多かったのは一見直ちに認められる。

      内田魯庵「淡島椿岳」