ぶたい‐こ【舞台子】 の意味

  1. 江戸時代、舞台に立って歌舞を演じた若衆。男色も売った。
    • 「上品 (じゃうぼん) なるを名づけて、太夫子、―、板付きといへり」〈浮・禁短気・二〉
  • 名詞