出典:デジタル大辞泉(小学館)

生と死のある苦しい現世。

「生き死にの―を厭はしみ潮干の山を偲ひつるかも」〈・三八四九〉