ぶだん‐しゅぎ【武断主義】 の意味

  1. 武力をもって事を解決しようとする主義。
  • 名詞