ふちゃ‐りょうり〔‐レウリ〕【普茶料理】 の意味

  1. 中国から伝わった禅寺精進料理。野菜類を主材料に用い、油を多く使うのが特徴。黄檗 (おうばく) 宗万福寺に伝えられたので黄檗料理ともいう。ふさりょうり。