ぶっか‐とうせいれい【物価統制令】 の意味

  1. 第二次大戦後の物価統制の基本法令。価格の最高額の指定、不当に高価な取引の禁止などを定める。昭和21年(1946)施行。