ふっき‐そう〔‐サウ〕【富貴草】 の意味

  1. ツゲ科の常緑多年草。山林中に自生。横に伸びる地下茎から茎が斜めに立ち上がり、高さ約30センチ。葉は長楕円形で、厚く、互生するが輪生状に見える。春から夏、花びらのない白い雄花と雌花とが穂状に密につく。庭にも植えられる。きちじそう。 夏》