出典:デジタル大辞泉(小学館)

釈迦 (しゃか) の説いた、となるための教え。キリスト教イスラム教とともに世界三大宗教の一。人生は苦であるということから出発し、八正道 (はっしょうどう) の実践により解脱 (げだつ) して涅槃 (ねはん) に至ることを説く。前5世紀、インドのガンジス川中流に起こって広まり、のち、部派仏教(小乗仏教)・大乗仏教として発展、アジアに普及した。日本には6世紀に伝来。多くの学派・宗派がある。

出典:青空文庫

出典:gooニュース