出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ふききる」の音変化》

[動ラ五(四)]
  1. はれものなどの膿 (うみ) を出す。

    1. 「便毒 (よこね) を―・って病院で切って貰ったのは」〈魯庵社会百面相

  1. 心の中のわだかまりやためらいの気持ちを捨て去る。「迷いを―・る」

[可能]ふっきれる
[動ラ下二]ふっきれる」の文語形。