フック‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【フックの法則】 の意味

  1. 弾性体において、応力が一定の値を超えない間は、ひずみは応力に比例するという法則。1678年にフックが発見。