出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド北東部、ビハール州の古都ガヤの南方にある仏教の聖地。釈迦 (しゃか) が悟りを開いた地とされ、紀元前3世紀頃にアショカ王が建立した寺院を起源とするマハーボディ寺院(大菩提寺)がある。ボードガヤー。

[補説]「仏陀伽耶」とも書く。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉