出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 綱などのような太い物が断ち切れる音、また、そのさまを表す語。「ザイルが突然ぶっつり(と)切れた」

  1. 勢いよく刃物を突き刺す音、また、そのさまを表す語。

    1. 「太股へ掛け―と突き貫き」〈円朝怪談牡丹灯籠

  1. わずかであるさま。ぷっつり。

    1. 「あらいことは―ともしないぞ」〈露伴・いさなとり〉