出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](スル)《入れ物の底を払う意から》すっかりなくなること。乏しくなること。また、そのさま。「人材が払底している」
  • 「その頃は借家が―な時でしたから」〈谷崎・痴人の愛〉