出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 前ぶれなく急に事が行われたり、事態が変わったりするさま。不意に。ふと。「夜中にふっと目が覚める」「ふっと名案が浮かんだ」

  1. 口をすぼめて一瞬息を吹くさま。「ろうそくの火をふっと吹き消す」