出典:デジタル大辞泉(小学館)

物質の組成は変わらず、その形や状態が変化すること。化学変化に対し、物体の温度・体積・圧力・電気抵抗熱伝導率などの物理量の変化をいう。