• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふ‐てい【不×逞】 の意味

  1. [名・形動]かって気ままに振る舞うこと。あからさまに不満を表すこと。また、そのさま。「―な(の)輩 (やから) 」
  • ふ‐てい【不×逞】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・の作者などが出現すると、その素人の素直さにノスタルジアを感じて、狼狽してこれを賞讃しなければならぬくらい、日本の文学は不逞なる玄人の眼と手をもって、近代小説の可能性をギリギリまで追いつめたというのか。

      織田作之助「可能性の文学」

    • 不逞不逞しいが、泣き味噌の武田さんのすすり泣きがどこかに聴えるような小説であった。

      織田作之助「武田麟太郎追悼」

    •  豪放かつ不逞な棋風と、不死身にしてかつあくまで不敵な面だましいを日頃もっていた神田八段であったが、こんどの名人位挑戦試合では、折柄大患後の衰弱はげしく、紙のように蒼白な顔色で、薬瓶を携えて盤にのぞむといった状態では、すでに・・・

      織田作之助「東京文壇に与う」