ふていじ‐ほう〔‐ハフ〕【不定時法】 の意味

  1. 夜明けの始まりと日暮れの終わりを基準として昼夜を別々に等分する時法。季節や緯度・経度によって1時間()の長さが昼夜で異なる。日本では室町時代後半から江戸時代まで用いられた。→定時法