出典:デジタル大辞泉(小学館)

解が無数にある方程式。そのうち特に、整数係数として整数解を求める場合の代数方程式をいう。