出典:デジタル大辞泉(小学館)

不手回し」に同じ。

「回らぬ暮し常なれど、この節わけて―」〈人・梅児誉美・四〉