出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]うちつ・く[カ下二]
  1. 釘 (くぎ) などで打って、取り付ける。「雨戸に板を―・ける」

  1. 強く打つ。ぶっつける。「鴨居 (かもい) に頭を―・ける」

  1. 火打ち石を打って火をつける。

    1. 「母は錠をあけてはいり、火を―・ける」〈人・閑情末摘花・一〉

  1. 露骨に事を行う。遠慮なくする。

    1. 「いやながらかなへてもやるべしと、―・けたる文章」〈浮・五人女・三〉

  1. うってつけである。格好である。

    1. 「―・けたよい敵 (かたき) 、不足はあるまい」〈浄・加増曽我〉

出典:青空文庫