出典:デジタル大辞泉

  1. 赤色を主として彩色を施した陶磁器。また、その絵。中国では五彩という。中国の宋赤絵金襴手 (きんらんで) 赤絵・万暦 (ばんれき) 赤絵呉須 (ごす) 赤絵、日本の伊万里 (いまり) 赤絵・九谷赤絵の類。

  1. 江戸末期、疱瘡 (ほうそう) よけに用いた赤1色刷りの版画。疱瘡の子に赤いおもちゃを持たせておくと病気が軽くすむという俗信から起こった。疱瘡絵。

出典:青空文庫