出典:デジタル大辞泉(小学館)

地方別にその風土・文化その他について記した書物。
奈良時代の地誌。和銅6年(713)元明天皇の詔により、諸国の産物・地形・古伝説や地名の由来などを記して撰進させたもの。現存するのは、完本の出雲と、省略欠損のある常陸 (ひたち) 播磨 (はりま) 肥前豊後 (ぶんご) の5か国のもの。上代の地理・文化を知るうえで貴重。後世のものと区別するため、古風土記ともいわれる。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉