出典:デジタル大辞泉(小学館)

屯倉 (みやけ) 2」に同じ。

「故 (かれ) 、因 (よ) りて、以て―を定む」〈神功紀〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉