ふところ‐で【懐手】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 和服を着たとき、手を袖から出さずに懐に入れていること。 冬》「―こころ見られしごとほどく/汀女
  1. 自分では何もしないこと。拱手 (きょうしゅ) 。「懐手したまま見過ごす」
  • ふところ‐で【懐手】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・私が知ってからの彼の生活は、ほんの御役目だけ第×銀行へ出るほかは、いつも懐手をして遊んでいられると云う、至極結構な身分だったのです。

      芥川竜之介「開化の良人」

    • ・・・彼はこの場合、懐手をして二人の折衝を傍観する居心地の悪い立場にあった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・何でも買いなの小父さんは、紺の筒袖を突張らかして懐手の黙然たるのみ。

      泉鏡花「茸の舞姫」