出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 和服を着たとき、手を袖から出さずに懐に入れていること。 冬》「―こころ見られしごとほどく/汀女

  1. 自分では何もしないこと。拱手 (きょうしゅ) 。「懐手したまま見過ごす」

出典:青空文庫