出典:デジタル大辞泉(小学館)

ブナ科の落葉高木。温帯の山地に分布し、高さ約30メートルになる。樹皮は灰色。葉は小さく、卵形で縁が波形。5月ごろ、枝の下部に頭状に集まった雄花が垂れてつき、上部に、2個ずつ総苞 (そうほう) に包まれた雌花が上向きにつく。秋、黄葉に先立って実が熟し、殻斗 (かくと) 内に堅果が2個ある。ブナ科の双子葉植物はほかにクリシイナラなども含まれ、約600種が温帯から熱帯にかけて分布、実は殻斗をもち、どんぐりとよばれる。ぶなのき。しろぶな。そばのき。

出典:青空文庫