出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 航海の安全を守る神。住吉神 (すみのえのかみ) 水天宮金比羅権現などで、そのお札を船内に貼る。

  1. 漁船の守護神として信仰されている神霊。新造のとき、船大工が女性の毛髪や人形 (ひとがた) ・さいころ2個などを船の中央の帆柱の下などに、神体としてはめ込む。